面白い記事や動画をまとめています

海外旅行記

「馴れ初め」嫁とは高校の時からの付き合いで、大学卒業してすぐに同棲した。

嫁とは高校の時からの付き合いで、大学卒業してすぐに同棲した。

俺の実家が小さい不動産屋をやっていたので将来を考えて 地元のホームビルダーで働いて、すぐに宅建も取った。 給料は多くないし、朝早い事も多いけど、土日は休みじゃなかったが、残業も少なく ちゃんと会社の休業日には休みが取れた。

会社はいい人が多くて仕事が楽しかった。 嫁はいい大学を出ていたこともあり、大企業で働いていた。 毎日忙しくて、家に帰っても仕事を持ち帰って頑張っていたので 会社から徒歩で帰ることができる俺が、家事全般をやって嫁の仕事を応援していた。

嫁から、仕事の愚痴とか聞いたり一日の出来事を話しながら、家で晩酌するのが楽しかったんだが 嫁の帰宅がおそくなり、一緒に食事できずに夜食を用意することが多くなった。

夜食も食べることが多くなって、仕事で体を壊すのが心配だから、早く帰る様に考えてと言ったら 仕事の事に口を出すな、気楽な仕事をマイペースでしているあなたには分からないと言われて その日から夜食はいらない、寝室も分けられた。

土、日曜日に仕事から帰ってきても、食事の用意はされていたけど、 嫁は自室で仕事をしているので、一緒に食べようと誘うと仕事が終わらないから無理だと。 そんな時、嫁から、嫁らしい事が出来ていないから別れた方がいいと言われて 俺は、嫁の事がまだ好きだったんだが、仕事でノイローゼになっている嫁は離婚しか言わなくなった。 3年弱の同棲生活を終わらせた時に、親父から実家を継いでほしいと連絡が来た。

実家は街の不動産屋をやっていたんだが、地元じゃない駅前に所有しているシャッター商店街とその商店街用の大きな駐車場が利益の食いつぶしていたんだが、商店街潰してショッピングセンターができることになり、結構高値で貸す事が出来た。

駐車場跡に、テナント付きの賃貸マンションを4棟立てて、贅沢できるようになったから 親父は引退して、夫婦で趣味の家庭菜園やりたいと、仕事の引き継ぎもあり、親父の引退は2年後になった。

その貸しテナントで自然食品の店が有って流行っていたんだけど、 そのオーナーが家庭の事情で店を閉めることになった時に、地元に顧客も多くて存続をお願いされている、 後をやってくれる人探して欲しいと言うので、弟にある程度不動産屋を任せて、俺がその店を引き継いだ。 その店の隣が空いていたので、自然食品を活かしたカフェを併設した。

地元のタウン誌に癒される店って載ったので、カフェも繁盛した。 そんな時、店に入ってくる懐かしい嫁の顔を見つけた。 従業員が席を案内して、嫁が座ってすぐに俺が声を掛けた。

嫁が俺を見るなり、大泣きし始めたので、バックヤードに連れて行って落ち着かせた。 どうしてここにいるのと驚いた顔で言うから、この店のオーナーで 実家の跡を継いだこと、このテナントビルも自社ビルで、相変わらずマイペースで仕事をやってる事を話した。

嫁は、離婚後、体を壊して鬱になって休職中であることを言い、俺と久しぶりに話せてよかったと少し笑った。

それから、嫁は毎日来るようになり、店の手伝いもするようになって、よく笑うようになった。 もう一度、嫁にプロポーズしたら、嫁が仕事を辞めてきたと言うので、 店を切り盛りしている女の子を社員にして、店長を任せた。 再婚した俺と嫁は、年に3ヶ月は国内外を二人で旅行している。